第4回「初めてのデイサービス探し」

大分・・・空が秋ですねぇー・・・

 

*ちょこっとコラム*第3回から、だいぶ間があいてしまいました。

すみません・・・・

 

では、張り切って、第4回を書いていきまぁーす!!

 

*ちょこっとコラム*第4回目です。 

 

4番目に重要なことは、

 

 

「ホームページ・パンフレットから情報を得る

(得られる)」

 

です。

 

介護保険を利用されると、担当のケアマネージャー(以後ケアマネ)が決まりますよね。

 

色々、生活のことや介護のことなど相談されて、どんな介護プランにするかを決めます。

 

その中に「デイサービスに通う」という選択があります。

 

 

今回は、そのお話です。

 

 

ケアマネさんは、

 

「○○デイサービスがいいと思いますよ。△△みたいな運動もあるし、歌も唄ったりするんですよ。」

 

と説明され、1箇所か2箇所ぐらい紹介されます。

(もちろん、もっと紹介してくれることもありますよ!!)

 

 

ご利用者様やご家族としては、

 

 

「はい。わかりました。お願いします。」

 

 

としか答えようがないですよね・・・・

 

こんな、何でも言える私でもそうでした・・・(自分でもびっくりです^^)

(ケアマネさんに悪いし・・・お母さんが、意地悪されても困るし・・・・なんて考えてました・・・)

 

 

しかし・・・・ちょっと、待ったぁーーーーー!!

 

 

確かに、ケアマネさんは、色々お話を伺う中で、ご利用者様にとって、一番合うであろうデイサービスを勧めてくれています。

 

 

しかし、1箇所や2箇所で本当に決めてしまっていいのでしょうか・・・・?

 

 

自分が通う所・・・・

一日を過ごす所・・・

大切なご家族が通う所・・・・

 

 

そう考えると、自分たちで探してみる。というのも大切なことではないでしょうか!

 

 

ご利用される方が自分に合いそうな所を見つける。

ご利用される方の、性格や趣味などの一番の理解者であるご家族が見つける。

 

そうされると、よりご利用者様に合ったデイサービスに通えることになり、

ご利用されるご本人様が、楽しくなってくるはずです。

 

 

ここで、再確認。

 

 

「デイサービスを自分たちで探してもいいんです!!」

 

 

それでは、どうやって探すのか・・・・

 

ここで大切なのが「情報」です。

 

そのひとつが、各事業所のパンフレットです。

(パンフレットがない事業所はほとんどありません!!)

 

ケアマネに言えばだいたいはもらえます。

 

なかったら、

 

「ご近所のデイサービスのパンフレット全部ください。」なんて言ってみましょう。

それで、取り寄せてもらうのです。^^

 

他には、区役所でもらえる冊子「ハートページ」のご近所のデイサービスに

片っ端から電話して、パンフレットを送ってもらうのもいいですね!!

 

 

今の時代は、ホームページでもかなりの情報が得られます。

 

ホームページを持っている事業所は最近増えてきています。

( <情報を公開する>という面からも、重要ですよね!)

 

 

パンフレットより、デイサービスの雰囲気がわかると思いますよ!

 

是非確認してみてください。

 

 

ポイントとしては、

 

内容の充実はもちろんですが、ブログ・記事などがあれば、更新されているか。です。

 

数ヶ月に一度しか更新されていなければ、情報なんて得られませんよね。

 

 

ここは、要チェックです!!

 

 

また、ご利用はじめた後や、遠く離れて暮らしているご家族にとってもホームページで情報が得られるのは安心ですよね!

 

「今日はどんなごはんたべたのかな?」

「今月はどんな行事があるのかな?」

 

なんて、写真付きで見られたら・・・いいだろうな・・・・

 

なんて考えながら、私もブログ書いています。^^

 

 

 

最後に・・・ひとつお伝えしたいことが・・・・

 

 

 

デイサービスに

     直接電話して聞いちゃってもいいんです!! 

 

         (電話での対応も選ぶひとつの要素になるかも?!^^)

 

 

「どんな所なんですか?」「○○したいんだけど、出来ますか?」「足が悪いんだけど・・・私でも大丈夫かしら・・・」「みんなで運動なんてしたくないんだけど・・・」

 

などなど。。。。

 

 

このような質問でいいんです!!

 

電話で聞いちゃいましょう!!

 

 

勧められるばかりでなく、是非、自分たちの目で耳で確かめて、

 

ご利用者様に合ったデイサービスを探しましょう!!

 

 

 

ここまで4回に分けてポイントを書いてきましたが・・・・おしゃべりな私にとっては、まだまだ、伝え切れません・・・・ということで・・・・

 

 

次回は、「おまけ」と題して、「デイサービスを探すから決める!」までを

余談を交えながら書いてみたいと思います♪   お楽しみ?にv^^v

 

第3回「初めてのデイサービス探し」

朝夕は、秋の感じが大分してきましたが・・・

 

昼は暑いですね・・・でも、確実に季節はかわりつつありますね。

 

 

今日は、*ちょこっとコラム*第3回目です。

 

 

3番目に重要なことは、

 

「デイサービスでどんなことをして過ごしたいか。

(過ごしてもらいたいか。)」

 

です。

 

 

デイサービスとは、どんなところだろう??

 

 

と思う方も多いと思います。

 

 

なんとなく、朝迎えにきてくれて、みんなで体操して、順番でお風呂に入って、お昼ご飯食べて・・・家に帰る・・・どのデイサービスも大体一緒でしょう・・・・

 

と思われている方もいると思います。

 

 

実際は・・・確かにそうです。

 

 

しかし、その中でも色々な特徴や特色があります。

 

その中からご利用される方にあったデイサービスを探すことが大事なのです。

 

 

ここでは、どんなデイサービスがあるのかをご紹介したいと思います。

 

 

まず最初にご利用される方が何をしたいかを具体的に考えて見ましょう。例えば、

 

 

私は・・・

 

・しっかりとした専門的なリハビリがしたい。

・多くの友達や仲間を作りたい。

・手芸など趣味活動をしたい。

・一人でのんびりしていたい。

・人からあんまり話しかけられたくない。

・自分がやりたい時に、やりたいことしかしたくない。

・老人施設みたいなところには行きたくない。

 

 

家族としては・・・

 

 

・一日楽しく過ごしてもらえればいい。

・もっと、リハビリをして動けるようになってほしい。

・もう無理やりなリハビリはしてほしくない。

・好きなものを食べ、好きなように過ごしてほしい。

・とりあえず、家に一人でいる時間を短くしたい。

・お風呂だけ入れてほしい。

・デイサービスに通っているのを知られたくない。

 

 

などなど、色々な気持ちがあると思います。

 

次に、その気持ちに合わせてデイサービスを探していきましょう。

(すべてをクリアするデイサービスがない場合もあります。どれを優先させるのかで選んでいくといいでしょう。)

 

 

・認知症対応型→「認知症対応型サービス事業管理者研修」を受講しているスタッフがいる。

 

・療養型→重度の介護が必要な方、医療的ニーズが高い方などがご利用できます。(看護師が必ず配置されています。とても、デイサービスの数が少ないです。)

 

・機能訓練特化型→専門的な機械を使用してリハビリをメインに行う。多くは短時間(3時間程度の利用)。理学療法士やマッサージ師がいる。昼食がなく、ほとんどの場合延長もないところが多い。

 

・音楽療法をしている→音楽療法士が専門的に実施している。みんなで歌を歌ったり、楽器を実施するところが多い。

 

・趣味活動に力を入れている。→ボランティアや専門の講師が来て趣味活動を行う。

 

・お風呂にこだわっている。→完全個浴(浴槽の中のみ個浴で脱衣所が他の方と一緒という場合があります。)檜の浴槽がある。機械浴ができる。好きな入浴剤を入れてくれる。

 

・入浴特化型→短時間でのご利用で、入浴を専門にしてくれる。(食事・延長がない場合が多い。)

 

・民家を改造して一軒家を利用している。→家の中の段差などそのままにし、日常生活に近い形をとっている。

 

・デイサービスの看板や、送迎車にデイサービスの名前が入っていない。(決まったユニフォームがないところもあります。)

 

・日課やお風呂の順番などが決まっていない。

 

・マージャンができる。(音がうるさいからとやらないデイサービスもあります。)

 

・喫煙ができる。(比較的多くのデイサービスは禁煙になっています。)

 

・理学療法士や作業療法士、言語聴覚士、柔道整復師、マッサージ師、看護師が経営・常駐している。

 

・家族の事情などに柔軟に対応してくれる。(早めのお迎えの希望、延長の希望などを受けてくれる)

 

 

などなど、様々なデイサービスがあるのです。

 

ご利用される方が、何をしたいのか、何をしてもらいたいかをよく考え、それを実現してくれるデイサービスを探すことが大切です。

 

また、ひとつのデイサービスだけを利用するのではなく、

例えば、一週間に3回デイサービスを利用している場合、2回はのんびりできるところ。1回は専門的なリハビリができるところ。

など、数箇所を利用されることが可能です。

 

ケアマネージャの勧めてくれるところだけにこだわらず、

自分たちで探したデイサービスを是非、ケアマネージャーに提案してみてください。

(介護認定が要支援の方は、通えるデイサービスは一箇所となります。)

 

第2回 「初めてのデイサービス探し」

今日も暑さが続いています。日差しが痛いくらいです。

 

空も、まだまだ夏雲ですね・・・

 

しかし、日陰や、朝晩の風は少しずつ夏の終わりを知らせてくれているようです。

体調管理も引き続きしていきましょうね♪

 

 

今日は、*ちょこっコラム*第2回目です。

 

 

2番目に重要なのは、ずばり1日の利用人数(定員数)です。

 

 

利用人数は、各デイサービスによって差が大きいのです。

 

 

主に、大規模と通常、そして小規模があります。

 

この差は、正確にいうと、「ひと月のトータル利用者数」になるのですが、ここではわかりやすく、1日の利用者人数で説明させていただきます。

 

大規模と言われるのが「○○地域ケアプラザ」などに代表される、1日の平均利用人数が25名から45名以上のデイサービスです。

そして、小規模と言われているところは、平均利用人数が10名以下のところを指します。

その中間にあたるのが通常と言われているところです。

 

 

それぞれメリット・デメリットがありますので、大規模と小規模に分けて下にまとめてみます。

 

 

メリット

 

大規模→  ・人数が多いので、多くの友達や仲間が作りやすい。

      ・気の合わない人がいても、他の方たちとお話できる。

      ・スタッフの数が多い。看護師が常駐している。

      ・色々な送迎車が用意されている。(重度でも受け入れしている)

      ・設備が整っている。(リハビリの機械やレクリエーションの道具など)

      ・バリアフリーが徹底されているところが多い。

      ・お祭りや行事がにぎやかに出来る。

 

 

 

小規模→  ・人数が少ないので、他の利用者様とかかわりやすい。

      ・人間関係に気を使わなくてもいい。

      ・スタッフとのかかわりが多くなる。

      ・人数が少ない分、1日の過ごし方が自由にできることが多い。

      ・送迎時間(車に乗っている時間)が短い場合が多い。

      ・デイサービス全体がざわざわしていることが少ない。

      ・介護施設とわからないような施設もある。(民家を改装しているなど)

      ・色々な特色のデイサービスが多い。

       *音楽療法に力を入れている。

       *普通の民家(段差などそのまま)を利用している。

       *お風呂にこだわっている。(檜のお風呂や完全な個浴を実施など)

       *喫煙が出来ところもある。

      ・個々に合わせた運動や、活動ができる。

      ・スタッフ全員が利用者個人の状況を把握出来ている。

      ・各個人・家庭の状況に合わせて対応してくれるところが多い。

 

 

デメリット

 

 

 

大規模→ ・デイサービス全体がざわざわしている。

      ・決められた通りに動かなくてはいけないことが多い。

      (体操の時間、入浴の時間・順番、レクリエーションへの参加など)

      ・送迎(乗車)時間が長くかかることが多い。

      ・介護施設らしいところが多い。

      ・概ね、画一的になってしまう。(同じようなデイサービスに見える)

      ・他の人同士の会話がうるさい。(比較的男性からの意見が多いです。)

 

 

小規模→  ・利用人数が、自分ひとりのこともある。

      ・大規模に比べ設備が整っていない。(リハビリの機械など)

      ・気の合わない人がいると気まずくなってしまう。

      (人間関係が煮詰まってしまう)

      ・お祭りなど行事が少ない。

      ・送迎車の種類が少ない。(車椅子にそのまま乗れないない)

      ・看護師が常駐しているところがほとんどない。

      (医療対応できないと断られることもある。)

 

 

デイサービスを探すにあたり、一日の平均利用者数を確認してみるといいでしょう。

 

また、ご利用者様の性格や、体の状態を考え、どんなところが合っているのかを考えて見ましょう。

 

それには、ケアマネージャーさんや、ご近所の利用している人などに相談してみるのもいいと思います。より多くの情報を得ましょう。

 

また、多くのデイサービスが「見学・体験利用」などを実施しています。

自分たち・ご家族たちの目で、雰囲気や設備など確認することが大切です。

是非、お気軽にご利用してみてください。(体験後に断ることはもちろん可能です)

 

小さなデイサービスでも、十分な介護は受けられます。

 

大規模・小規模など施設の規模や名前の認知度などに惑わされず、ご利用者様が楽しく通えるようなデイサービスを探してみてください。

 

 

第1回 「初めてのデイサービス探し」

今日も暑いです・・・本当に残暑が厳しくなっております。

夏バテも、そろそろやってくる時期!みなさん、お体には十分に注意してくださいね♪

 

 

さて、今日は昨日お話した、「初めてのデイサービス探し」の第1回です。

 

 

ずばり、1番目は「自宅からデイサービスへの距離」です。

 

 

・・・以外?!かと思われますが、実は重要です!!

 

 

デイサービスには送迎があります。

 

送迎は、デイサービスの車が玄関の近くまでお迎えにきてくれて、何名かの利用者の方々と乗り合わせて移動します。(帰りも何名かが一緒です)

 

デイサービスから距離があまりにも遠いと、それだけで車に乗っている時間が長くなります。

また、何名かの家を順番に回るので、そこでも時間がかかります。

 

 

「こんなに、車に乗っている時間があるとは思わなかった」

 

 

「送迎時間が長くて、腰が痛くなる」

 

 

 

などという思いをもたれる方もいらっしゃいます。

 

 

そこで、まずデイサービスと自宅の距離を確認することです。

 

できたらデイサービスの方に車に乗っている時間・順番も聞けるといいですね。

 

乗っている時間を知っているのと、知らないのとでは、心の準備が違います。最初に確認できていれば、ご利用者様自身が納得して乗っていられるでしょう。

 

また、色々な情報から、

「ここのデイサービスがいい!!」という施設に巡り会えたと思っても・・・

自宅が、送迎エリア内に入っていないことも考えられます。

デイサービス利用希望曜日に送迎可能かどうかを確認するのも大事です。

 

 

自宅の周りにどんなデイサービスがあるのかを確認してみましょう。

 

 

~ポイント~

 

送迎エリア  →自宅が送迎エリアに入っているか。送迎可能かの確認をしましょう。

 

送迎時間   →送迎の順序、乗車しているおおよその時間の確認をしましょう。

 

送迎車の種類 →車椅子のまま乗車可能なタイプ、リフトアップがついているタイプ、

          普通乗用車タイプ、リクライニングの車椅子が乗車可能なタイプ、

          色々種類があるので、ご利用者様にあった送迎車があるかを確認して

          みましょう。

 

送迎車について→送迎車に大きく「○○デイサービス」「デイサービス送迎中」などと

          社名やポスターが書いてある車もあります。ご自宅まで迎えに来る事

          を考えると、どうしても気になる・・・という方には、社名やデイサービ

          スとわからない、普通の乗用車で送迎をしているところもあるので、

          利用される前に確認されるのもいいでしょう。

 

自宅の住所と違う区でも隣接してれば受け入れは可能になっています。

自宅を中心にして幅広く情報を集め、

ご利用者様にあったデイサービスを探していきましょう!!

 

次は、第2回「一日の利用人数(定員数)」をお届けします!

お楽しみに♪

始めます!!「初めてのデイサービス探し」

お盆を過ぎましたが、まだまだ暑い猛暑が続いています。

体調を崩しやすい時ですので、みなさんお気をつけくださいね♪

 

 

さて、今回から「デイサービス」について*ちょこっとコラム*

なんてものを始めてみようと思います!私の個人的意見ですので・・・・ご参考までに^^

 

 

最初のテーマは「初めてのデイサービス探し」と題してお話していきたいと思います。

 

 

 

ずばり!!ポイントはつ!!

 

 

1.自宅からデイサービスへの距離

 

2.1日の利用者人数(定員数)

 

3.デイサービスでどんな事をして過ごしたいか。

 (過ごしてもらいたいか)

 

4.ホームページ・パンフレットなどで情報を得る(得られる)

 

 

です。他にも色々お話したいのですが、今回はこの4つに絞りたいと思います。

 

 

今回は、第1回前のプロローグ♪

 

<私の実体験>

 

私の姑もデイサービスにお世話になりました。

デイサービスを利用すること自体、初めての経験です。

 

姑に聞いても、行きたいのか・・・行きたくないのか・・・・

自分で決めることができないところまで認知症は進んでいました。

 

しかし、私にとっても全てが初めての経験。

 

デイサービス・・・朝迎えに来てもらって、みんなで運動させられて・・・ご飯とお風呂・・・

帰ってくる・・・こんな感じ??

 

どこのデイサービスでも一緒だろう・・・・などと思っていました。

だから、どんなデイサービスが良いのか、悪いのか・・・

姑にはどんなデイサービスが合っているのか・・・

なんて、考えてもみませんでした。

 

ケアマネージャーに勧められるまま・・・決めました。

 

決めたはいいのですが、何を持たせるのか・・・どんなかばんで持たせるのか・・・姑はみんなと仲良くできるのか・・・数え上げればきりがないくらい不安がありました。

 

実際利用が始まっても、

 

「呼び出していますが、出てきてくれません。」

「出かける準備ができていないんですが・・・」

「来ても、何もお話してくれないんですが・・・」

 

などなど、多々、私の職場に電話がかかってきました。

 

そのたびに・・・デイサービスに行くのは無理なのか。デイサービスってなんだろう。

という、あいまいな、なんとも言えない考えが心の中にありました。

 

デイサービスからの連絡帳を見ても、毎回同じ内容の文章。

姑が、デイサービスで何をやっているのか、どんな様子だったかもわからず・・・

デイサービスってこういうものなのかな??と疑問に思うことは多くありました。

 

しかし、その疑問・不安を実際には言い出せませんでした。

私が言うことで、姑に嫌な思いをさせてしまうのではないか・・・デイサービスに行かせてもらってるんだから・・・(デイサービスに行くことを)断られたら困るな・・・

たぶん、どのデイサービスもこういうものなんだ。

 

・・・と考えていました。しかし、実際は

 

色々な形態・特色のあるデイサービスがあること

デイサービスを変更できること

 

など、多くのことを後から知りました。

 

なので、今回は、デイサービスを初めてご利用される方々に少しでも情報のひとつとして読んでいただけたらと思っています。

 

今日は、ここまで!!明日から4回に分けてお話していきたいと思っています♪